ニキビの発生を防ぐスキンケア方法を知ろう

女性の画像

「夜だけ洗顔」「化粧水を使わない肌断食」など、ネットやテレビではさまざまなニキビケアの方法が紹介されています。

情報に振り回されて、自身にあったケア方法と出合えず混乱していませんか?

治したいという一心で「いろいろなケアを試してみたい」という人がいるかもしれません。しかし間違えたスキンケアを続けても、肌環境は一向に改善されないのです。
そんなときは、一度基本に立ち返って見直してみるのも良いでしょう。

ここではニキビを防ぐ洗顔と保湿の重要性と、ニキビ肌用のケア商品の選び方について解説します。

洗顔と保湿で清潔な肌へ
顔を洗って汗や余分な皮脂を洗い流せば、肌を清潔に整えられます。

反対に洗顔を怠ってしまうと肌に汚れがが溜まってしまうので、毛穴が詰まってニキビが発生しやすくなるのです。

ただし肌の油分を洗い流そうと、頻繁に洗顔するのは逆効果です。肌がカサカサになってうるおいを失えば、乾燥を補うために皮脂の分泌が促進されます。

適度な皮脂量は肌を保護するために必要なので、洗顔をする回数は朝夜の1日2回に留めましょう。

ニキビを防ぐには皮脂量をコントロールするために、洗顔後の保湿が重要です。

「ニキビがあるとベタベタするから保湿したくない」と思うかもしれませんが、肌にうるおいを閉じ込めて皮脂分泌を防ぐので忘れないようにしましょう。

保湿といってもさまざまな保湿剤があるので、どれを選んだらいいのか迷ってしまいますよね。

ニキビを改善したいときは、ニキビ肌用のスキンケア用品がオススメです。

ニキビ肌用のスキンケア商品とは
ニキビ肌の人は、「ノンコメドジェニックテスト済み」のケアアイテムを選びましょう。

ノンコメドジェニックテストは、ニキビが生じにくいかどうかをチェックする試験です。

ニキビ肌用に開発された製品なので、ニキビの悪化を防ぐ働きがあります。

アクネ菌の栄養源になりにくい成分を使って保湿する作用があるので、ニキビ肌の人に適しているのです。

チャック済みの製品は、「ノンコメドジェニックテスト済み」の記載があるの、でスキンケア商品を選ぶときは確認してみましょう。