どうしてできるの?ニキビができるメカニズム

女性の画像

ニキビは皮脂の分泌と深く関係しています。

通常であれば肌を保護してくれる皮脂ですが、量が多すぎると毛穴を詰まらせてしまうのです。ニキビができるメカニズムを知っておけば、改善に向けた適切なケアに役立ちます。

根本的な解決を目指すために、ニキビができる原因を学んでおきませんか?

この記事ではニキビの原因だけでなく、年齢による症状の違いなども説明していきます。

ニキビの原因はコレ!
そもそもニキビができるのは、なぜなのでしょうか?
原因として考えられるのは「余分な皮脂」「毛穴詰まり」「アクネ菌の増加」の3つあります。

健康的な肌であれば適度な皮脂量を保ち、必要のない分は毛穴を通って外へ排出されます。
しかし偏った食生活やホルモンバランスの乱れなどによって過剰に皮脂が分泌されると、毛穴が詰まってしまうのです。

ニキビの元となるアクネ菌は皮脂を栄養素としてどんどん増えてしまうので、身体が抵抗しようとして炎症を引き起こします。
炎症が激しくなると化膿して、膿んでしまう場合も…。

「ニキビが気になるから潰したい」という衝動にかられるかもしれませんが、周りの組織が破壊されてニキビ痕になるので控えましょう。

年齢によって異なるニキビの種類とは
ニキビは年齢問わず現れますが、どの年代にできるかで呼び方が違います。

10代にできるのが思春期ニキビで、額や鼻といったTゾーンに発生するのが特徴。成長期になると皮脂の分泌が活発になるので、発症しやすいと言われています。

20代以上になってできるのが大人ニキビ。繰り返しできたり痕になって残りやすかったりするので、美肌の大敵です。顎や口の周りなど、フェイスラインと呼ばれる顔の下部分にできやすいようです。
乾燥やストレス、偏った食生活が原因として挙げられています。

思春期にできても大人になって発症しても、改善するためにはスキンケアと内側からのケアが大切です。朝晩の洗顔や保湿といったケアをしっかり行えば、細菌の増加を抑えてキレイな肌を保てるでしょう。

また適度な運動やバランスの良い食生活を心がけると、血行を促進し肌に充分な栄養が送られるようになります。

美しい肌を維持するには、地道な努力が欠かせません。日々の生活を見直して、ニキビ改善を目指しませんか?