白ニキビを治す!炭酸ガスレーザー治療とは

光の画像

ニキビの先に、プチっと白い点ができたことはありませんか?

皮膚の中に溜まった白い液体の正体は、膿です。膿を潰して無理に出そうすると、周りの皮膚組織を壊していまう可能性があります。

時間が経てば、ニキビの改善とともに膿も自然に排出されるかもしれません。しかし、長い間放置するのは見た目も良くないので気になりますよね。

そこで白ニキビを治すのに役立つのが、炭酸ガスレーザーです。

▶炭酸ガスレーザー
炭酸ガスレーザーは、化膿したニキビの治療に適しています。ニキビの真上から微細なレーザー光を照射し、肌に無数の小さな穴を空けるのです。レーザーの光は皮膚内で広がり、毛穴に詰まった膿や余分な皮脂を溶かして排出します。

炭酸ガスレーザーは膿を出し抗菌作用もあるので、毛穴の炎症を抑えてニキビ肌の改善へと導きます。

▶どこでできる?
炭酸ガスレーザーは、美容系のクリニックや皮膚科で施術できます。ただし炭酸ガスレーザーを取り扱っていないところもあるので、ネットで調べてから最寄りの皮膚科およびクリニックを受診しましょう。

▶リスク
安全性の高い治療法なので、副作用のリスクは低いのが特徴。しかし、肌に赤みや痒みといった症状が現れるケースがあります。

肌に気になる症状が現れて長期間続いた場合は、早めに医師に相談しましょう。

▶施術後の注意点
炭酸ガスレーザーはアジア人の肌向けに開発されたので、痛みが少なく日本人の肌と相性が良いと言われています。

しかし、施術後は肌が軽いやけどをした状態。肌が再生し傷口が治るまでは、いつくか注意しなければいけない点があります。

・日焼けをしないように、長時間太陽の下で過ごすのは控える
・角質除去やスクラブの使用を控える
・湯船に長時間浸からない

施術後は肌に刺激を与えないようにし、肌の再生を待ちましょう。